テーマ:景色

一乗谷朝倉氏遺跡

 やっぱり一乗谷と言えば佐々木小次郎よりもこっちでしょう! 一乗谷朝倉氏遺跡 越前朝倉氏5代100年に及ぶ栄華を誇り、一度はときの将軍”足利義昭”を奉じながらも最終的に織田信長に踏み潰された場所(笑)いや、笑う所じゃないか?    とにかく広いです。朝倉屋敷を中心としてこの辺り一帯の城下町がそのまま遺跡として出て…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

一乗滝 ツバメ返しを編み出した場所?

 一乗谷朝倉氏遺跡に向かおうとエスクードを走らせていた所、どうやら道なりに左へ行けばよいところを右へ行ってしまったらしく、当初行く予定の無かった一乗滝にたどり着いてしまいました。せっかくなので滝を見てこよう。さっき”龍双ヶ滝”を見たばかりではありますが・・・。      一応、佐々木小次郎の像らしい。巌流島での果し合いでの姿を…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

福井池田町 龍双ヶ滝

 北陸自動車道から”龍双ヶ滝”へは、まず県道2号線を東へ・・・。ぶち当たるとそこが国道476号なので北上します。しばらく行くと県道34号が右手にありますからそちらへ進みます。 県道34号をしばらく進むと次第に道が細くなり、森林に入っていきます。あいにくの雨ですが、森に青いエスクードは映えるね~。 狭い森林のな…
トラックバック:1
コメント:3

続きを読むread more

徳山ダムへ

 4年ほど前に徳山ダム~冠山林道~冠山峠~龍双ヶ滝というルートでドライブをしたことがある。あの頃はまだ、車はシルビアだった。  今回、久しぶりに同じルートを辿ってみようと徳山ダムへと足を向けました。青いエスクードとともに・・・。久しぶりの”地図に無い道”の旅なので気合をいれて前日も10時30分に就寝。当日は朝6時に出発しました。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

行って来ました、雪の二の瀬峠

 朝からの雪を何とか堪能すべく、二の瀬峠までいってきました。このブログではもはや定番ですが・・・。  下のほうはもう溶け始めていてシャーベット状でしたが上の方には残っていそうです。ちょっと雨も降ってましたし・・・。  シャーベット状の上はそれほど苦も無く進んでいきます。 上からの写真。良い景色です。 やはり先日行…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

明けましておめでとうございま・・・、明けたよね?え、もう昼?

 はい、あけましておめでとうございます。 あけちゃいましたね。とりあえず、自転車で近所のコンビニまで行ってきました。   天気が良いので伊吹山が綺麗ですな・・・。初日の出も綺麗に見えたことでしょう。私はもちろん見てませんが・・・。  去年の春に桜の写真を撮った神社です。3,4月頃の記事に載ってるはず・・・。比べてみてください…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

青エスク、雪道デビュー!

 今回、スタッドレスタイヤを履いたエスクードの雪道デビュードライブでもありました。それも荘川で温泉施設が休館日でなければ行かなかったことなので、まさに神の思し召しかもしれません(笑)  あたりは完全に雪に包まれ、道も真っ白でセンターラインも見えない状態でした。    まずやったのが、性能チェック。と言っても、車の少ない駐車場で低速…
トラックバック:1
コメント:7

続きを読むread more

白川郷にて、ちょっとだけ写真とりました

 せっかく雪の白川郷へ行ったので、写真を撮ろうと思っていたんですが・・・。少ししか撮って来てません。なぜか?というと。一応、寒いことはわかっていたので、コートにマフラーにニット帽(ギロロ伍長)のまさしく”フルアーマーヤコブン伍長”状態で臨んだのですが、一つだけ重要なことを忘れてました。それは・・・。 靴の選択を誤った!!! …
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

世界遺産の中の天然温泉 白川郷の湯

 と、言うわけで、この雪を逃す手は無い。 毎年恒例(?)の雪を見ながら露天風呂に入ろう!と言うヤツです。いつも行っている所では面白くないので今回は飛騨方面に行くことにしました。  向かった先は世界遺産の村”岐阜県白川村”にある 天然温泉 白川郷の湯 だったんですが・・・・、予想以上の雪にヤコブン伍長はちょいとビビリ気味で…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

雪がふりましたなあ・・・。

 12月のはじめ頃にスタッドレスタイヤを買って以来、待ちに待っていた雪が降りました。 うちの近所(愛知県西部)にもちょこっとふりまして、家々の屋根にちょこっと積もってました。  まあ、去年の大雪とは比べるべくも無いですけどね・・・。道にもほとんど積もっていないし。  でも、積雪には違いないか。今年の初雪ですわ。  ち…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

久しぶりにドライブ ~鞍掛峠~

 先週、研修で休日に会社に行っていたので、その分の休みを今日突然取っちゃいました。で、特に予定も無かったんだけど、近場にドライブに行って来ましたよ、久しぶりに。  今日の目的地は鞍掛峠。岐阜県と滋賀県の県境にある峠です。特に何かがあるわけじゃないんだけど、運転してて気持ちいいんですよ、ここの道は・・・。 まずは、家からだと真直ぐ…
トラックバック:2
コメント:4

続きを読むread more

今日も自転車で

 今日はいい天気ですなあ。当初の天気予報では今日まで雨だったんだけど、強い風が雨雲を根こそぎ持っていったみたい。世間様は3連休の初日だそうですが、運動会などに最良の日となったのではないでしょうか?  今日も朝一、自転車でちょっと走ってきました。まず家を出て西に向かったのですが、北西の風が強くてなかなか進めず、方向転換。家の周り半径4キ…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

久しぶりに写真

土曜日の朝に自転車で近所を走ってきて写真とって来ました。 もうすっかり秋ですなあ・・・。10月だもんなあ・・・・・。 今年はこの地方に大きな台風が来てないから、稲も全然倒れてない。見事。 ちなみに、向こうに見える寺の脇で、昔、そろばん習ってました。今でもやってるのかな? 家から15分くらいのところにあるつぶれたボーリ…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

いざ、山へ  ~といっても、いつもの二の瀬峠+林道

今日も、行ってきました。二の瀬峠。家から車で20分にこんなにクネクネ走りやすい道があって、また奥へ行けば林道も備えている。もはやこの一帯の山地が1大アミューズメント状態です。て、車、運転好きじゃない人に言ってもさっぱりわからないですね。 とりあえず、今日は上のほうからざっくりした眺めを撮ってみました。 もちろんカメラは先日買ったF3…
トラックバック:4
コメント:13

続きを読むread more

泊まれる道の温泉駅 かれん

とりあえず、昨日からの父兄私の男3人旅から帰ってまいりました。 まずは、宿泊施設レポートから。 ”泊まれる道の温泉駅かれん”というところで泊まりました。温泉も天然温泉でしたよ。到着時就寝前、朝起きてからと3回も入ってきました。国道向かいにもっと大きな温泉施設があるのでこっちは空いてる模様。おかげで、深夜、早朝は3人貸切状態でした。宿…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

実録 片付けできない男たち!!!

我が部屋です。 てな事言う前に片付けろよ!!!(ツッコミ) 部屋の真ん中に雑然と置かれているものやタンスの前が埋まってる事などなぞなところが多い部屋です。 最近、基本的にベッドの上で胡坐をかいてることが多いので、ベッドの上から取りやすい位置に物が集まります。 はい、私は確かにB型です。 右奥の黄色い箱は置き場の無いものを詰…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

結局、二の瀬峠へ

暇だし暑いし金は無いしでしょうがないので今日は昼からまた二の瀬峠へ行ってきました。 やっぱりクネクネした山道を走ってると落ち着くなあ・・・。まだまだ、私の心の奥には”シルビア乗り魂”が燃えている模様。またスポーツカーも乗りたいな。 というわけで、チマチマと写真撮ってきました。 途中の道から見える景色。遠くはこの時期霞んじゃいま…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

池原小谷林道

予告どおり、修行のたびに出ました。と言ってもいつもの日帰りドライブ。 当初の目的地は、滋賀県側から国道を通り岐阜県に入って、旧徳山村を通って冠山へ行くことでした。とりあえず、目的どおり、北陸道の木之本ICでおりる。降りる直前電光掲示板で”敦賀~福井、霧のため通行止め”の表示が目に入るがこのときは関係ないと思ってました。このときは・・・…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

アクティブハウス越前・露天風呂漁火

久々の温泉レポートです。 今日は名古屋など太平洋側は異常にくそ暑かったそうですが、そんな暑い名古屋を脱出して、日本海側越前海岸の真ん中辺りにある”露天風呂 漁火”に入ってまいりました。 福井はむしろ寒かったです。暑い雲と霧にすっぽり覆われ気温が上がらず、昼間も20度いってないんじゃないかな?今日は暑いと思って行ったら、寒かった・・・…
トラックバック:2
コメント:6

続きを読むread more

養老の滝

岐阜県、養老の滝に行って来ました。特にどこに行こうと思ったわけじゃないんだけど、滝が見たいなあ、と思ったので・・・。この近辺で滝と言えば”養老の滝”だろうと。 行き方は至って簡単。木曽川長良川にかかる東海大橋を渡ってそのままひたすら西へ進むのみ。そうすれば、30分ほどで道のあちこちに”養老公園”とか”養老の滝”とか看板が出てくるのでそ…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

二の瀬峠 さくら

以前、紹介した二の瀬峠。クネクネした山道がドライブの名所である。また、夜は走り屋さんたちの集まる場所であったりもする。道には無数のタイヤあとがついている。この二の瀬峠の頂上付近にある公園が密かにさくらの名所であったりする。 その公園の桜が平地よりも一足遅れて今満開になっている。 公園の奥のほうにある普段であれば何も無いだ…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

下道で日本列島横断 兼六園へ

本日は金沢の兼六園へと行ってきました。というのは普通の人の言うこと。ヤコブン流になると”下道(高速使わず)山越えルートで”という変な条件がつきます。以前、能登半島に深夜のドライブに行ったときに使ったルートなので、まあ何とかなると思い、軽く考えて出発。 とりあえず、国道22号から国道156号に入りそのままひたすら北上。 途中、美並の道…
トラックバック:2
コメント:3

続きを読むread more

大分、桜も・・・

今日も自転車にて、近所の桜の咲き具合をチェックして来ました。 大分咲いてきましたけど、まだちょっと見頃とはいかないようでしたね。 ここは前回も書きましたが用水路の両脇に桜並木があるところで、満開になるともう視界の右から左まで全部桜状態になるところです。 端から端まで歩くとかなりの距離があることもあり、途中には座ってゆっくり…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

今年の桜はまだかな~?

関東ではもう桜もかなり咲き始め充分にお花見が可能な状態になっているとの事。ですが、こちら愛知ではまだまだ桜は1分咲きがいいところ。そんな近所の桜の状況を自転車にて軽~く流して確認してきました。 まだまだこんな感じです。両脇に桜の木が植えられておりすべて満開になれば、もうこの世のものとは思えない桜の回廊が出来上がると思われますが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高見峠へ

道の駅 飯高 にてお風呂とご飯をいただいた後、ちょっと帰るには時間も早いので山の写真も撮りたいと思い、国道166号をさらに奥に進んだ高見峠を目指すことに。 国道166号沿いを道なりに進むと渓流の脇を通り続けることになります。 水もたいへん綺麗でとてもよい景色が続きます。 国道166号ですが、しばらくすると1車線になったり2…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

飯高温泉へ

本日は、三重松阪の西にある飯高温泉にいってまいりました。 ここは、道の駅飯高に併設された施設です。 まずは、東名阪自動車道~伊勢自動車道ルートで松阪インターへ。ちょっと雲行きが怪しく心配ではありましたが・・・・。 インターを降りたら、県道59号を南下して、国道166号にぶち当たったら西へ あとは、ひたすら国道166号を西…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

さらば、熱田区伝馬町

先日、書いたようにうつを考慮した異動により、今住んでる名古屋市内のアパートを引き払って実家に帰ることになった。先週より、愛車にて荷物を運び出している。 こういうときに、やはりミニバンやSUVのような、ボディの大きな車は力を発揮する。シートレイアウトのおかげもあって、自転車も難なく積み込みほとんどの荷物が既に持ち出された。 明日、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

伊吹山を写そう!

今日はどうも朝から気分がすぐれないので、遠出をやめて家でゴロゴロすることに。したんですが、どうにもイライラするので結局家を出て車を走らせてました。午前中に帰ることにしたのでそう遠くへは行けないけど、どうしようか。天気が非常によく伊吹山が大変きれいに見えたので午前中でできるだけ伊吹山に近づいて写真を撮ろう!と言うことで、東海大橋へ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

まるは食堂旅館 うめ乃湯

セントレアにも支店を出しており、エビフライで有名な”まるは食堂旅館”とその併設温泉”うめ乃湯”にやってきました。丁度お昼ちょっと前くらいだったので、まずは食事。 平日だと言うのに、お昼前ですでに20分待ちの状態、休日だとどうなるんでしょうね。待つこと20分、エビフライを食べましたよ。すみません。食べる方に夢中で写真撮るの忘れてまし…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more