劇団四季 美女と野獣 また観てきました

また観てきましたよ、美女と野獣

キャスト表は

ビースト  中井 智彦   ベル   鳥原 如未 
モリース  松下 武史   ガストン  野中 万寿夫 
ルミエール  百々 義則   ルフウ  遊佐 真一 
コッグスワース  青羽 剛   ミセス・ポット  早水 小夜子 
タンス夫人   大和 貴恵   バベット  小川 美緒 
ムッシュー・ダルク  田辺 容   チップ  牧野 友紀 

男性アンサンブル
清川 晶  高橋 徹  安東 翼   川村 英   戸高 圭介 
中田 雄太   塩山 力  松出 直也   菊地 智弘 

女性アンサンブル
市村 涼子   時枝 里好   鳥海 郁衣   吉田千恵   菅谷 有希 
高橋 えみ   千村 璃永   松田 夏紀   染谷早紀   渡辺 夕紀 

 ビースト中井さんは、ちょっと意外。オペラ座でラウル子爵やってた人だよね?いきなりビースト役ってのが、ちょっと意外に思えた。歌も声も良かったけど、迫力はまだちょっと足りないかな。でも、まだ多分最近やり始めたばかりのはず。これからが楽しみですね。
 ベル鳥原さんは、高木さんほど、いかにもマンガのキャラのようなコミカライズされた感じは無くて、自然に居る感じ。序盤の街での人々とのやり取りや、家でのガストンとのやり取りなど、まだ段取りを追っている感があり、なんと言うか・・・、キレが足りないです。ちょっと淑やかなベルってところでしょうか。ただ、”ビー アワ ゲスト”でのダンスは流石ですね。いつもは他のアンサンブルにも目がいくのですが、思わずベルだけを目で追ってしまいました。”コーラスライン”のヴァル役でも輝いていたし、足りないところはあるけれど、武器もしっかり持ってる人ですね。
 ガストン野中さん。”夢から醒めた夢”のヤクザでしか知らなかったので、カッコイイプレイボーイなガストンにちょっと違和感が(笑)なんせ演歌を歌わない野中さんを始めて観たわけですから。ガストンも以前からやってたはずですが、こちらもちょっと段取りを追っている感じがありました。久しぶりだとどうしてもそうなるのから?特にベルやルフウとのやり取りでタイミングを合わせて動かなければならないところが多いので、改めて、ガストンって見た目以上の難しい役なんだと思いましたね。
 あと初めて観るのはバベット小川さんか。・・・・・、あんまり印象が無いな(笑)。”人間になりたがった猫”のジリアンで観て、実は結構好きな役者さんです。

 やっぱり、美女と野獣は好きな演目だなあ、と思います。まあ、これが好きって言うと、子供っぽいとか、乙女チックだの言われちゃいそうだけどさ・・・。ナンバー別では1幕ビーアワゲスト、2幕美女と野獣が好き。ナンバーというかシーンとして好き。ビーアワゲストの派手派手なお祭り騒ぎも好きだし、美女と野獣のようなしっとりとした美しいシーンも好きですね。ミセス・ポットが歌ってるのがまた、美しいんだよなあ。毎回うっとりしちゃうもんなあ。

今度、いつ観にいけるかわからんけど、3ヶ月に1回くらいは観に行っても損は無いなあ。と思ってます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック